うつ病 症状

うつ病の症状は?

症状/診断

 心:興味関心・喜びの減退、睡眠障害、気力の減退、無価値観や罪悪感の増加 etc

 体:疲労感、急激な体重減少or体重増加 etc

上記の症状が複雑に絡み合いながら最終的に

  ⇒ 自殺念慮や自殺企図 へとつながります。

 心の症状のわかりやすい例では

  • 気分が落ち込んで、やる気が出ない。
  • 悲しいことや辛いことばかり思い出す。
  • 涙もろくなった。
  • 楽しいことに興味がなくなった。  etc

これらは必ずしもうつ病の症状ではありません。

うつ病にも様々な分類と程度があります。だから他の人と比べて自分を比較するのはお勧めしません。

なぜなら、ぼくは他人と比較したことで自分で自分の心と体をぼろぼろにしてきたからです。

わたしの場合…

最初は自分が病気になるなんて思っていませんでした。

辛くても涙なんか出ませんでしたし、きつくてもこれが当たり前なんだとなんとなく思っていたからです。

周りのみんなは辛くても頑張っているのに、自分だけここで逃げていいものか。

そんな自分だけの考えの中でがむしゃらにやっていたのだろうと思います。

しかし、何がきっかけか、何が悪かったのかわからないままこうやって病気になりました。

気づけば包丁を手首に当てその包丁の冷たさに正気に戻りました。

スマホの検索履歴をみれば、「うつ病 診断 etc」 の検索で埋もれていました。

知ってはいたのです、自分が何をしているのか。

でも、理解はしていなかったんです。自分を見直さなかったんです。

なんで病気になったのか、わからない人もたくさんいるでしょう。

きっとみんなそうなんです。

こっそり人の心をのぞいてみればその中には無限の闇が広がってるんだと思います。

それを押し殺してみんな生きてるんです。見直さないんです。

それを見てしまったがためにこうやって本当の自分と向き合っているんです。

向き合ってやりましょう。本当の自分ってやつと。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です